headband

最新端末程、バッテリー容量は多い!?

モバイルルーターは基本的に外出時に使いますよね。

となると、電源につないだまま使うのではなく、バッテリーで稼働させ使うことがメインになります。

外出時間帯が長くなればなるほど、バッテリーの持ちはあるに越したことはありません。

では、現在のモバイルルーターは一度の充電でどのくらい持つものなのでしょうか?

一般的には8〜9時間程度が相場のようです。

中には12時間以上の稼働できるタフな端末もあります。

よって、普通は夜充電しておけば、朝から晩まで持つ計算になります。

こんな使い方は要注意!?

バッテリーの稼働時間はあくまで概算であり、すべてではありません。

使い方によっては、それよりも早くバッテリーが尽きてしまうこともあります。

多いのは、モバイルルーター1台で、数台のネット機器を、インターネットに接続させることです。

モバイルルーターは同時に10台ほどの端末をインターネットに接続することが出来ますが、これは多ければ多いほど、バッテリーの時間を短くしてしまいます。

なので、基本的には1台のモバイルルーターに対して、1台の端末として利用した方が、バッテリーは長く持ちます。

どうしても複数台を接続するのであれば、時間を短くして接続するか、使わない端末のWi-Fi接続を切っておくと良いでしょう。

稼働時間が長いモバイルルーターはどれ?

WiMAXの最新端末「WX03」は最大で12時間のバッテリーです。

12時間ですから、1日中安心して使うことが出来ます。

また、この端末は通信速度も速く、快適なネット接続が出来るので、おススメです。

SIMフリー端末にもおすすめの端末はあります。

それはNECが販売している「Atremシリーズ」です。現在は「MR05LN」という端末が最新機種になっています。

こちらの端末は駆動時間が14時間と、業界の中でも屈指のバッテリー時間を誇ります。

はじめからバッテリーの時間が長い端末を選んでおくと、外出時の利用がより便利になります。

pagetop