headband

モバイルルーターの寿命はどのくらい持つ?

気軽に持ち運びができるモバイルルーターですが、毎日使用していると、当然、徐々に電池が消耗していきます。これは仕方のないことです。

また、使用頻度が高いほど、劣化は速く進むので注意しましょう。

一般的には、毎日フル充電にして使っていても、1年後には、購入時の半分程度のバッテリー容量になってしまうので注意が必要となります。

つまり、バッテリーの劣化がそのまま、モバイルルーターの寿命ということ。

折角使うのですから、長く寿命を延ばして快適にネットを楽しみたいものです。

バッテリーの劣化避けるためにはどうしたら良いの?

まず多いのが、やたらと充電してしまう「過充電」です。

私たちが使っているモバイルルーターの電池は、リチウムイオン電池といって、300〜500回の充電で寿命が来ると言われています。

毎日充電したら、やはり1年ちょっとしか持ちません。

よって不必要な充電は避けるべきでしょう。

充電が満タン状態なのに、充電ケーブルに挿しっぱなしだと、どうしてもバッテリーが劣化しやすくなります。

よって、使うときはなるべく充電ケーブルに挿さずに、電池がなくなったら充電するようにしましょう。

その他にも「過放電」という状態もバッテリーにはよくありません。

これは、バッテリー残量が0の状態で放置することです。

しっかりと定期的に使ってあげましょう。

モバイルルーター、2年で新しい端末にした方が良い理由とは

モバイルルーターの寿命は大体1年半から2年前後です。

これはバッテリーの充電回数が300〜500回のためになります。

そして、多くの場合、モバイルルーターの契約は2年契約になるので、契約更新が来たら、同じ端末を使い続けるのではなく、新しい端末に切り替えることをお勧めします。

新しい端末に切り替えることで、バッテリーの新品になりますし、特典やキャンペーンなども受けることができます。

pagetop